残念社 (残念さん)

残念社 (残念さん)は、長州軍に狙撃されてしまった依田伴蔵の無念の死を悼み、祠を建てて奉ったもの。残念社の名前の由来は、依田伴蔵氏が倒れるときに叫んだ言葉が「残念」だったことから。

トップページ > 名所・歴史 > 残念社 (残念さん)

残念社 (残念さん)

残念社 (残念さん) 写真

1866(慶応2)年7月9日 長州戦争の時、四十八坂一帯は
東西の攻防の決戦場となっていました。

その頃、和睦に走っていた軍使を長州軍が戦闘員と見誤って狙撃してしまい、
軍使は「残念」と叫んで倒れてしまう。この武士は
丹後宮津藩士の依田伴蔵で、軍使として長州軍営に赴く途中であったことが
後に分かり、長州軍も大いに遺憾の意を表したといいます。

土地の人々は、その壮烈な戦死を悼み、のちに祠を建てて奉ったのが
残念社の名前の由来となっています。

名所・歴史 「名所・歴史」へ戻る
史跡めぐり 「史跡めぐり」 コースのご案内

ページトップへ
カキナビ - 廿日市観光協会大野支部 カキナビ トップへ 観光パンフレット ダウンロード カキナビ ブログ はつかいちネット イベント 廿日市観光協会 廿日市観光協会 大野支部 広島 ホームページ制作