新宮神社

新宮神社は小高い山の上に建てられています。これは伝説の「大野五郎」の家の次郎を祀ったお宮で、地元の人からは「新宮さん」と親しまれています。

新宮神社(しんぐうじんじゃ)

新宮神社 大野次郎 写真

土井の後の小高い山の上に、新宮神社が建っています。
これは伝説の「大野五郎」の家の次郎を祀ったお宮で、地元の人からは
「新宮さん」と親しまれています。

大野五郎の伝説は、大頭神社縁起書で以下のように
伝えています。

新宮神社 入り口 写真

はじめ当(大頭神社)社降臨の時、推古天皇(554-628)より下し、給う農民すなわち太郎、次郎、三郎、四郎、十郎とて五人兄弟勅を蒙り、五組に分かれて田畑を開き農業を営むなり。 大野次郎は当(大野)村の内土居という所に居住せり。屋敷一町四方にして前には大堀を構え、左右に樹木を植え居住せり。この人の居宅を里人御土居と号す。今の土居(現在は土井)という是や、 西の方にあたりて大野次郎の霊神あり。

名所・歴史 「名所・歴史」へ戻る
史跡めぐり 「史跡めぐり」 コースのご案内

ページトップへ
カキナビ - 廿日市観光協会大野支部 カキナビ トップへ 観光パンフレット ダウンロード カキナビ ブログ はつかいちネット イベント 廿日市観光協会 廿日市観光協会 大野支部 広島 ホームページ制作