子持観音(こもちかんのん)

廿日市市の子持観音。宮島を見守るように高台に立つ子持観音は、もともと鼻繰り島に安置してあったもの。参詣に不便だったため、現在の深江に移されました。

子持観音

子持観音 写真

子持観音(こもちかんのん)は、広島県廿日市市の国道2号線「深江」の交差点から
海側に入り、“ 観音崎 ”と呼ばれる岬にあります。
子持観音の高さはおよそ3メートル余りで、大観音銅像が大野瀬戸を隔てて
宮島の朱の回廊に相対して安置されています。

子持観音のもとは石像で、古来水難と平和加護のために、
深江湾の小島「鼻繰り島」に安置されていましたが、参詣に不便なため
後に現在の位置に移しました。

子持観音 全長3メートル

そうしたところ、その東側の麓に別荘を建てた佐々木伝介氏(大柿町大原)が、
平素 観音仏を崇拝していたため、その機縁を喜び、大阪の工人高尾定七に高さ2.6メートルの
観音像を鋳造させて、旧石像だった観音像はその銅像の腹の中に納め、高さ60センチの
台座の上に安置し、明治45年3月1日に開眼式を行いました。

深江地区の人々によって、現在でもお祭りが行われています。

名所・歴史 「名所・歴史」へ戻る
史跡めぐり 「史跡めぐり」 コースのご案内

ページトップへ
カキナビ - 廿日市観光協会大野支部 カキナビ トップへ 観光パンフレット ダウンロード カキナビ ブログ はつかいちネット イベント 廿日市観光協会 廿日市観光協会 大野支部 広島 ホームページ制作