今川了俊歌碑 - 三首歌碑

今川貞世(今川了俊)は、足利義満から九州探題に任ぜられ、大野を通過する時に見た景色を名文に綴っています。その3つが今川了俊歌碑として残されています。

トップページ > 名所・歴史 > 今川了俊歌碑

今川了俊歌碑

今川了俊歌碑 写真

今川貞世(今川了俊と号す)は、足利義満から九州探題に任ぜられ、
その任地に下るとき 応安四年(1371年)長月二十一日に
大野を通過しています。その時の紀行文「道ゆきぶり」に、
大野の景色を名文に綴っています。

その時に読んだ歌が、三首歌碑となっています。

「波の上 藻塩やくかと見えつるは、蜑(あま)の小船にたく火也けり」
今川了俊 歌碑1
今川了俊 歌碑(1)の場所を地図で確認する
「おおのうら これかととえば山なしの、かたへのもみじ 色に出でつつ」
今川了俊 歌碑2
今川了俊 歌碑(2)の場所を地図で確認する
「とにかくにしらぬ命をおもうかな わが身いそぢにおほの中山
昔誰かが影にもせんとまく椎の おほの中山かくしげるらん」
今川了俊 歌碑3
今川了俊 歌碑(3)の場所を地図で確認する

名所・歴史 「名所・歴史」へ戻る
史跡めぐり 「史跡めぐり」 コースのご案内

ページトップへ
カキナビ - 廿日市観光協会大野支部 カキナビ トップへ 観光パンフレット ダウンロード カキナビ ブログ はつかいちネット イベント 廿日市観光協会 廿日市観光協会 大野支部 広島 ホームページ制作