宮島焼(お砂焼き) 陶芸体験

宮島焼(お砂焼き)の陶芸体験が楽しめます。宮島の対岸、宮島口に3つの窯元があり、それぞれの窯元から手ほどきを受け、お砂焼き(宮島焼)の陶芸体験が出来ます。

トップページ > 体験・遊び・レジャー > 宮島焼(お砂焼き) 陶芸体験

宮島焼(お砂焼き) 陶芸体験

宮島焼(お砂焼き) 陶芸体験・絵付け

厳島神社参拝の縁起物として焼かれた 宮島焼は、別名を
お砂焼き(おすなやき)、神砂焼(しんしゃやき)とも呼ばれる陶器で
宮島の砂を粘土に混ぜて焼いているのが特徴です。

宮島焼 の始まりは、安芸国の時代にさかのぼります。
安芸国(現在の広島県西部)の人々は、旅に出る際に
旅の安全を祈願して、厳島神社境内の砂を「御砂守」として持参する習わしがありました。

それが焼き物に取り入れられ、厳島神社の神聖な砂を混ぜて焼き上げ
縁起物として愛され続けてきたものが宮島焼であり、
「砂を混ぜる」というその行為から「お砂焼」とも呼ばれるようになりました。

現在、宮島の対岸・宮島口には3つの窯元があり
それぞれの窯元で、お砂焼き(宮島焼)の陶芸体験が出来ます。

陶芸体験は要予約となっています、
詳細は各施設へ事前にお電話にてお問い合せください。

宮島焼(お砂焼き) 陶芸体験 について

宮島お砂焼 窯元 川原圭斎窯
手びねり体験・絵付け体験 4,000円
TEL: 0829-56-0038

宮島お砂焼 窯元 川原厳栄堂
絵付け体験 840円~
TEL: 0829-56-0238

宮島お砂焼 窯元 山根対厳堂
手びねり体験・絵付け体験 1,300円~
TEL: 090-5709-1775

『 体験・遊び・レジャー 』 トップへ戻る

ページトップへ サイトマップ
カキナビ - 廿日市観光協会大野支部 カキナビ トップへ 観光パンフレット ダウンロード カキナビ ブログ はつかいちネット イベント 廿日市観光協会 廿日市観光協会 大野支部 広島 ホームページ制作